FC2ブログ

シトロエンDS 復活!?

「えっ!DSが復活するん??」
英語を正確に翻訳できない松谷は、最初、そう思いました

「あのままのカッコで、中身だけ新型になってデビューしたら、ええやん」
なんて思いながらたどたどしく和訳してみると・・・・

どうやらそうでは、ないそうです

ってなわけで
レスポンスからの記事を転載させて頂きます

citroen-ds3---official_7.jpg

シトロエンは5日、コンセプトカー『DSインサイド』の概要を明らかにした。
小型車ながら高級サルーンに匹敵する上質感を備えた小さな高級車を提案する。

1955年に登場したシトロエン『DS』は、シトロエンの名車中の名車として有名な存在。
流線形の未来感覚あふれたフォルムにハイドロサスペンションなど、画期的な技術を導入。
時代を先取りした高級車だった。
1975年までの20年間の累計生産台数は約145万5000台に到達し、高い人気を誇った。

34年ぶりに復活するDSは、シトロエンの名車に敬意を払いつつ、
同社のラインナップ中の高級レンジの意味で、その名前が使用される。
シトロエンはMPVシリーズを「ピカソ」という名称でリリース。
1999年に『クサラピカソ』、2005年に『C4ピカソ』を投入している。
ピカソと同様に、シリーズ名としてDSは用いられる。

DSインサイドはコンパクトボディでありながら、高いクオリティを備えているのが特徴。
ボディは3ドアのハッチバックで、太いBピラーやワイドなフェンダーが力強い印象だ。
グリルやドアミラーなどには、アクセントとしてクロームメッキがあしらわれる。

欧州ではここ数年、大型車から小型車に乗り換える顧客が増加中。
シトロエンは「DSインサイドは経済性、知的な雰囲気、走る喜びを備え、
オーナーのプライドを満たす小さな高級車として開発した」と、
そのコンセプトを説明している。

DSインサイドは3月3日に開幕するジュネーブモーターショーで正式発表。
シトロエンはDSシリーズを2010年から発売する計画だ。
市販時には小型車、中型車、大型車の3種類が用意され、
車名は『DS3』、『DS4』、『DS5』になるという。
今回発表されたDSインサイドは、DS3としてデビューを飾るものと思われる。


citroen-ds3---official_6.jpg citroen-ds3---official_8.jpg

どうやら、新シリーズのシリーズ名として、「DS]のネームが復活するのですね
ってことは、DS5ってクルマは以前のDSっぽくなるんじゃない
なんて、勝手な期待に胸を膨らませる、松谷なのでした~

ちなみに、本家DSはこんな感じ
images.jpg
これぞシトロエンってデザイン
乗り心地もホントに魔法の絨毯

日本にも正規導入、されたらいいなぁ

レスポンスの記事は、こちら

2009.02.17 | Comments(0) | Trackback(0) | CITROEN

«  | HOME |  »

プロフィール

sevenstar7

Author:sevenstar7
=======================

兵庫県神戸市を拠点とする
輸入車ディーラー
セブンスターのサービススタッフが
書き綴るブログです。

ご覧頂きましたら、
コメントをひと言お願いします
コメント大歓迎!

また弊社のHPもご覧下さい。
http://www.sevenstar.co.jp/

シトロエン神戸東のBLOGを開設しました。
ぜひ、ご覧下さい。
 ↓ ↓ ↓ ↓
シトロエンブログ、チェックした?


MINIのHOTな情報はコチラ
 ↓ ↓ ↓ ↓
MINI Blogはじめました!

ブログカウンター

月別アーカイブ

セブンスター

セブンスタースタッフのブログです。

ブログ内検索