FC2ブログ

250億

硬い話題担当のマセラティショールームの西野です。
「250億」というこの数字を見て、ピンときたあなたはすごいです。
いったい、何の数字だろう・・・。


それは、日本人が1年間に割る「割り箸」の数です。
250億膳も割り箸を割っています。

人口が1億2500万人と仮定すると、
一人で、なんと年間200回!

だから、どうなのだ!という声もあろうかと思いますが、
それが我々にかなり悪い影響を及ぼしているのです。

昔、割り箸といえば、日本国内の端材や間伐材、低利用木でつくられていました。
人工林管理のために間引きする際に必ずでる間伐材や、 製材時に余分な部分として出される端材は他に利用方法がなく、価格も安かったからです。

しかし、いつの頃からか値段の安い中国からの輸入品が使われるようになり、
今では、日本で使用される割り箸の9割が中国で生産されているのです。

実はそれが、大問題。

250億膳の割り箸のために、1日に3000本、4000本の白樺の天然林が伐採されています。これに対して、植林はほとんど行われていません。

 また、中国では、木材は皆伐方式で伐採されています。
皆伐方式とは、森林の全部、または一部を一斉に伐採するというものです。
作業は単純で効率的に行うことができますが、森は根こそぎ刈り取られます。
しかし、費用が安いという理由で皆伐方式は今でも続けられています。

このように植林がなされず、皆伐方式で行われている木材伐採は、表土を流出させ、荒廃させてしまい、森林は再生しないのです。
完全に砂漠化していっています。

本来、森林の機能とは、洪水を防ぎ渇水を緩和する、水を浄化する、 土砂が流れ出るのを防ぐ、 地球温暖化を防ぐ、 安らぎや憩いの場をつくるといったことです。

それが、毎日の伐採で、地球温暖化に拍車をかけ、近年では大量の黄砂まで日本に運んで
来るようになりました。

我々日本人が、気軽に割っている箸のせいで、黄砂がやってくることなど想像もしていなかったことです。

こんな事実を突き付けられた時に、いったい私に何ができるのか?
今日から「割り箸を割らない」と決めることでした。
そして、その代りに「MY お箸」を持つことにしました♪

chopsticks.jpg

今日からでもできる、あなたにもできる。
今、始めないと、大変なことになる。(もうなっているのですが)
黄砂で車がドロドロなんて言うけれど、
それは私が、あなたが割ったお箸のせいでもあるのです。

2008.02.21 | Comments(0) | Trackback(0) | MASERATI

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

sevenstar7

Author:sevenstar7
=======================

兵庫県神戸市を拠点とする
輸入車ディーラー
セブンスターのサービススタッフが
書き綴るブログです。

ご覧頂きましたら、
コメントをひと言お願いします
コメント大歓迎!

また弊社のHPもご覧下さい。
http://www.sevenstar.co.jp/

シトロエン神戸東のBLOGを開設しました。
ぜひ、ご覧下さい。
 ↓ ↓ ↓ ↓
シトロエンブログ、チェックした?


MINIのHOTな情報はコチラ
 ↓ ↓ ↓ ↓
MINI Blogはじめました!

ブログカウンター

月別アーカイブ

セブンスター

セブンスタースタッフのブログです。

ブログ内検索